かんたんに開運!
数字のちから

■Dさんの開運エピソード

Dさんは、あるメーカーの営業マンでした。
身を粉にして働いても成果は今ひとつ。常々”一発当てたい、成り上がりたい!”と野心を抱いていた彼は相当な焦りを感じていたそう。
また、お酒の場でのトラブルも多く、女性関係もなかなか複雑。

シウマさんが鑑定したところ、彼の携帯番号は「19」。それは、お酒と異性で身を滅ぼす数字でした。また、実力が発揮できないのは業種に問題ありと判断、異業種への転職と「29」の活用を勧めました。

組織のトップへと導く数字を味方に、Dさんは畑違いの業界で、営業として再スタート。
すると、みるみる頭角を現し、昇進につぐ昇進。ついには経営者として会社を任されるまでに。頼もしいリーダーとして活躍、事業を着々と拡大させています。


引用元:「数字の開運力」(マガジンハウス)


数字が持つちから【解説】

障害・多情・一時的成功・波乱・酒のトラブル
権力・財力・名声・知力・積極的・強運

数字のちからで強運に!

あなたも一度
試してみませんか?

TOP